So-net無料ブログ作成

遺留分に遠慮してはいけない [相続・遺言]


遺留分とは、「請求すれば最低限の相続財産を相続できる」相続人の権利。



それは、ある意味、遺言書より強いものです。





例えば、遺言書に「次男に全部相続させる」と書かれていても、
遺留分を長男が請求すれば、その分を渡さなければなりません。







では、遺言書は無駄なのか?





そうではありません。


遺留分があったとしても、遺言書を書けば、書かないよりもたくさんの財産を相続させることができます。



遺言書を書けば、話し合いや印鑑などが省略でき、相続人は助かります。





だから、遺留分を気にして遺言書を書かないのは間違いです。



もちろん、遺留分をケアすることは必要になるかもしれません。

遺言書に遺言書を書いた理由を書いたり、遺留分のために現金を準備したりです。


いろいろケアすることもあると思います。



しかし、遺言書は書かないよりは、書いたほうがいい。
遺留分は、遺言書を書かない理由にはならない。



あまり遺留分を気されずに、遺言書の作成することをお勧めします。




ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。