So-net無料ブログ作成
検索選択

相続登記をしないことで困るのは誰? [相続・遺言]

「今、支障がないから相続登記しなくていいよね」

わかります。
確かに支障ないですよね^_^;

実際相続登記をしなくても、今、住むだけであれば、問題のないことが多いです。


ただし、”今は”ですよ。


相続登記には期限がありません。
つまり、いつ相続登記をするかは相続人の判断になります。

また、相続登記をしないからといって、誰かから「出て行け」と言われることも通常ありません。


そうなると、いよいよ相続登記をしなくていいのか?
って、なってしまいますよね・・・



では、相続登記をしないことで、困る人はいるのでしょうか。


それは、おそらく相続人のお子さん達が大変になると思います。

将来、お子さんがご自宅のリフォームや売却をする場合、
相続人(従姉妹などの可能性もあります)から印鑑をもらう必要があるからです。
(もちろん相続人ご自身の世代でリフォームなどをする場合は、ご自身が苦労されることもありますよ)

印鑑をもらおうとしたら、相続人の人数が増えているなんてことも・・・



そのため、相続登記は誰のためにするのか?


そう問われれば、私は

「ご自身またはご自身の将来の相続人のため」

と答えます。


参考にされてくださいね^_^



関連リンク

相続登記をしないことで起こり得る問題




ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相続の承認又は放棄の期間の伸長 [相続・遺言]

父親が亡くなった。

しかし、財産や借金のことを聞いていなかった。
どうすればいいのか分からない。


そんなふうに思っているうちに、亡くなってから2ヶ月が過ぎた・・・

または、借金の確認が死後2ヶ月過ぎても終わらない・・・



そんな方はいませんか?
通常、亡くなってから(亡くなったことを知ってから)3ヶ月以内に相続放棄をすることになっています。

しかし、どうしても間に合わないことも多いんですよね。
実際、3ヶ月はあっという間です。

そんな時、どうするか。


相続をするかどうかを決める3ヶ月を延ばしてしまいましょう。

相続放棄ができる期間を延ばすためには、家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。
申し立てをすると一般的に3ヶ月間延ばすことができます。


その間に、急いで相続をするかどうかを検討することになります。

もしもの時のため、そういった手続きがあることを知っておくといいかもしれません。
参考にされてください(*^_^*)





ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相続で兄弟喧嘩?もったいないです。 [相続・遺言]

相続というのは、原則、相続人の話し合いで進んでいきます。
当然相続人が数人いれば、それぞれ考え方も違いますよね。


そんな中、不幸にもケンカになってしまうこともあります。

「なんでわからないんだ!」
「親父と約束しただろ!」  などなど。



場合によっては、大きな声で言い合いをすることもあるかも知れません。


そして、それから何年にもわたって、話しさえしなくなった。
本来、兄弟で協力しあうべきことをお互いに連絡もしない。

そんなお話を相談者の方からお伺いすることもあります。


そんな時、実を言うと、私は”もったいないなあ”って思っています。
もちろん声には出しませんが・・・(^_^;)



せっかく親が残してくれた土地や建物があるわけですよね。
つまり、プラスの財産なわけです。

それなのに、それがあるばかりにもめてしまう。
それをきっかけにして、兄弟間がギクシャクし、仲たがいする。


やっぱり”もったいない”ですよね。
自分の残したもので、子どもたちが争う。



残す方からすれば、これくらいバカらしいことはないですから。


もちろんそれぞれの事情があるのは理解しています(^_^;)
しかし、相続で仲たがいするまでにはならないよう、できるだけ落ち着いて話をするよう注意されるといいかもしれませんね。










ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相続登記、戸籍収集と司法書士 [相続・遺言]

相続登記で最も大変なのは戸籍の収集なのではないでしょうか。



ご自身で相続登記をする方は、そのように感じることが多いようです。



これで全部そろったと思ったら、戸籍が抜けていた・・・
また市町村役場に取りに行かなければ。

または、取得するために遠方の市町村役場に行ったり、郵送で取得したり。

そもそも戸籍が読みにくい・・・などなど。



戸籍の取得はわりと大変な作業になると思います。



そのため、司法書士に相続登記を依頼をされた場合は、その司法書士に戸籍などの取得を依頼された方がいいかもしれません。


もちろん、費用はかかります(^_^;)
しかし、戸籍取得の手間などを考えれば、依頼をされた方が楽です。
また、取り間違いや重複なども少ないです。



戸籍収集の大変さがない点は、相続登記を司法書士に依頼することの利点の一つかなと思います。


なお、戸籍取得のみの依頼を司法書士は受けることができません。
必ず相続登記などと一緒にご依頼下さいね(*^_^*)










ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相続人が相続放棄をしているか確認する方法 [相続・遺言]

相続人で話し合いをしたいけど、一人の相続人が

「私は相続放棄をした」

と言っている。

しかし、ほんとうなのだろうか・・・



相続放棄とは、相続人の立場をやめることです。
相続放棄をした方は、もともと相続人でなかったと扱われます。

そのため、当然遺産分割協議などの話し合いには参加する必要はありません。


実際、相続放棄をするには、家庭裁判所に書面を提出する必要があります。

しかし、他の相続人には分かりません。
相続放棄をした方が、書類(受理証明)などを見せてくれればいいのですが、そもそもそういう関係性ではない(仲違いしている)ことも多いですよ(^_^;)



そういった場合、他の相続人は家庭裁判所に相続放棄をしたかの照会をすることができます。
亡くなった方の戸籍や自分の戸籍などを添付し、所定の手続きをとることで、相続放棄をしたかどうかを確認します。



相続放棄をしたかどうかで、手続きが大きく変わることもあります。
誰が相続人か変わってきますからね。


そのため、相続の話し合いをする前に、相続放棄をしているかの照会をすることもあります。


登記などでも相続放棄をしたことの証明書が必要になりますので、取得することも多いです。
参考にされてくださいね(*^_^*)










ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP(リニューアル)
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

字を書くことができない方が遺言書を作る方法 [相続・遺言]


遺言書を作ろうと思っていても、高齢で字が書けない方もいらっしゃいます。
では、そんな方は遺言書を作れないのでしょうか?


いえ。
作れます。


公正証書遺言書を作成すれば可能です。


公正証書遺言書は、ご本人の希望を聞いて公証人が作る遺言書です。
そのため、字がかけなくても、公証人に自分の考え方を伝えることができれば、遺言書を作成することができます。


公正証書遺言作成日当日、公証人及び証人の前で自分はこういうふうに遺言書を作りたいということを言っていただくだけです。




実際公正証書遺言書の作成は、内容によっては、簡単に終わることも多いです。



一言

「全ての財産を長男に相続させる」

と言うだけでほとんど手続きが終了することもあります(^_^;)


もう字が書けない・・・
そんな方は公正証書遺言を検討くださいね。





ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

俺は・・・相続放棄なんてしたくなかったんだ! [相続・遺言]

生前に次男と父親が約束した「相続放棄」。
他の兄弟も、それを知っており、当然次男は「相続放棄」すると思っていた。


しかし実際は、父親が亡くなった後に翻される。

「相続放棄なんてしない!」

他の兄弟は困惑。



現実にそういうこともありますよ(^_^;)



実際、相続開始時の生活の状況(病気で働けない・子が大学に入る等)で、どうしてもお金が必要の方もいらっしゃいます。


また、

「父の手前、あの時は相続放棄すると言ったけど、ほんとうは相続したかったんだ!」

と言われる方もしらっしゃいます。



どんな理由があるにしろ、印鑑を押さないことが「悪い」こととまでは言えないのも事実です。


基本的に相続(遺産分割協議)は相続人全員の意思で行うもの。
だから、印鑑を押す、押さないは自由ですし、法的に責めることができないことも多いです。



だから、相続は難しい。


そう言ってしまえば、それまでですが・・・


相続はその時の生活状況や財産や感情、関係性などが複雑に絡むものです。




そのため、いろいろなことを考えて、慎重に相続には臨まなければならない。


多くの相談を受ける中で、私自身そんなことを考えることも多いです。









ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相続した不動産をみんなで共有する・・ [相続・遺言]


相続人みんなで不動産を共有したい



そんな登記の依頼をいただくことがあります。
民法で目安として決まっている法定相続分で名義を入れたいというものです。


例えば、相続人が子供3人であれば、

3分の1 A
3分の1 B
3分の1 C



なるほどみんな平等の分け方です。
確かに、この方法が一番もめないかもしれません・・



しかし、この分け方、私の立場からは、あまりオススメしないんです(^_^;)



なぜなら、権利関係が複雑になる可能性があるからです。


つまり、今後は、原則全員の合意がなければ何もできないということです。




共有にしてしまうと、この不動産を売りたい時には3人の印鑑が必要になります。
しかし、全員から印鑑をもらうのは大変です。


もし、その中の一人が亡くなられて、複数の相続人がいたら・・・


もし、印鑑を押さない人がいたら・・・・(@_@;)


不動産を動かす(売却や担保設定など)ことができなくなるかもしれません。




他にも、共有にすることで、管理費などいろいろ難しい問題が生じる可能性がありますよ。


もちろん共有で所有することがやむを得ない場合もあります。
その場合は、上のような危険性を理解した上で、手続きをしなければなりません。


注意されてくださいね(^・^)




ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相続登記に権利証は必要か? [相続・遺言]

相続の相談の時に困った顔をされて


「権利証が見つからなくて・・・・」


と言われる方がいらっしゃいます。




しかし、実際相続登記において、権利証が必要になることはほとんどありません。

原則、相続を原因にして登記の名義を変える時に権利証を添付する必要はないんです。



権利証とは名義人の関与を確認するものです。
そのため、亡くなった方については、そもそも関与してない(できない)のは明らかなので、権利証の提出を求められることはありません。


また、亡くなった人の権利証を見つけるのが難しいことも多いからです。


権利証は大切に保管してあるもの。
簡単には見つけ出せないところに置いてあることも多いですよね・・・(^_^;)




そのため、原則、権利証は相続登記の時は必要ありません。



もちろん持って来ていただいてもいいのですが、私は

固定資産税の名寄せ帳



固定資産税の評価通知書など

をお持ちいただくようお願いしています。









ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

自筆証書遺言と公正証書遺言の違い(亡くなった後) [相続・遺言]


自筆証書遺言(自分で書く遺言)は簡単です。


いつ、どこでも書くことができます。
それはチラシの裏でもいいです(^_^;)




しかし、手軽さの反面、本人が遺言書を書いたかどうかについて争いになることもあります。

そのため、自筆の遺言書においては、遺言書を書いた人が亡くなった後、裁判所で遺言書を確認することになっています。
つまり、一度裁判所に提出させることで、遺言書の偽造や加筆などを防止するということです。



その手続きは

検認

といいます。





この検認手続きは、自筆証書遺言の場合必要になります。

公正証書遺言であれば、検認手続きの必要はありません。
なぜなら、公正証書は公証人役場に原本が保管されているため、改ざんなどの心配がないからです。



逆に自筆証書遺言は必ず検認手続きをしなければならないので、相続人にとっては少し手間がかかるものにはなりますね。



まとめると、

自筆証書遺言は手軽だけど、相続人の人たちが検認という手続きをしなければならない

公正証書遺言を作るのは少し手間だけど、相続人の人たちは特別な手続きをする必要はない


そんなふうにご理解ください。





ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事