So-net無料ブログ作成
検索選択

相続登記をしないことで困るのは誰? [相続・遺言]

「今、支障がないから相続登記しなくていいよね」

わかります。
確かに支障ないですよね^_^;

実際相続登記をしなくても、今、住むだけであれば、問題のないことが多いです。


ただし、”今は”ですよ。


相続登記には期限がありません。
つまり、いつ相続登記をするかは相続人の判断になります。

また、相続登記をしないからといって、誰かから「出て行け」と言われることも通常ありません。


そうなると、いよいよ相続登記をしなくていいのか?
って、なってしまいますよね・・・



では、相続登記をしないことで、困る人はいるのでしょうか。


それは、おそらく相続人のお子さん達が大変になると思います。

将来、お子さんがご自宅のリフォームや売却をする場合、
相続人(従姉妹などの可能性もあります)から印鑑をもらう必要があるからです。
(もちろん相続人ご自身の世代でリフォームなどをする場合は、ご自身が苦労されることもありますよ)

印鑑をもらおうとしたら、相続人の人数が増えているなんてことも・・・



そのため、相続登記は誰のためにするのか?


そう問われれば、私は

「ご自身またはご自身の将来の相続人のため」

と答えます。


参考にされてくださいね^_^



関連リンク

相続登記をしないことで起こり得る問題




ランキング参加しています。
↓押していただけると幸いです (^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問・ご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

熊本市東区きただ司法書士事務所HP
 http://www.kitada-office.com/
QRjboEXIwNeQJSu1358578673_1358578738.jpg

電話番号 096−285−8181


きただ司法書士事務所 facebookページ 
きただ司法書士事務所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0